Web Juice

簡単、シンプル。SEOの素人でもネット得られる知識だけでSEOは出来る。ただ、やるかやらないか。

投稿:     更新:2020/02/12

SEOの対策について

まず前提として、ここではあまり専門的な事は書きません。
なので、SEOの意味が分からないという人や、SEO会社が毎月ん万~ン十万でSEO対策してくれると検索の上位にあがるんでしょ?
という、SEOの中身が分からない人向けのものになります。

SEO対策はどうすべきかというような情報は、ネットに沢山転がっていますし、metaタグ、HTML、記事の書き方等、フォーマット的なものは、どのサイトの説明もそこまで違いはありません。
また、SEOに適したサイト制作(ワードプレスならテーマやプラグインでのカスタマイズ)や、フォーマットに従って分かりやすく記事を書くということが最善の策になるかと思います。

どちらにしても、興味のある人見に来てもすぐに立ち去ってしまうような内容のページでは、いくらSEO対策を行っても上位を維持することはできませんので、好きなジャンルで濃い内容を提供できる記事を書くことが一番重要でしょう。
それでは、SEO対策のお話をする前に、SEOについてのお話をしましょう。

SEOってなに?

SEOというものが分からない人ほど、SEOを行えば上位に表示されると安直に考えてしまうかと思います。

まず、簡単に説明すると、SEOとは、検索エンジンが検索しやすい(理解できる)ようにする対策であって、検索を上位にあげるのが目的の対策ではありません。
そして、検索の結果の順番は、ページ(サイト)の価値が決めています。
ページ(サイト)の価値の基準は様々ですが、ほぼ共通して言えるのは、人が見て内容が充実しているサイトであることが一番重要だということです。
昔からこの部分は変わりはなく、自動(時には手動)で判定して検索結果として反映させています。
変わっているのは、この順位の基準にする内容です。

では基準はどうやって決めているのでしょうか。

昔はどうやってアクセスを獲得していたのか

その昔、検索エンジンが無い頃は、ホームページには必ずリンクページがあり、その人、そのサービス、その会社に関わりのある似たようなサイトへのリンクがありました。
自分の趣味に近いリンクや、面白そうなリンクを探し、色んなサイトをサーフィンして回りました。

そして自然に人気のある面白いサイトや、役に立つサイトへのリンクが増えることで、知名度・アクセスが増えていきました。
人が自分の好みや関連するサイトを選んで作成しているので、リンク巡りも

そのうち、リンクのみを登録させて、ある特定の趣味や業種のリンクのみを集めてリンクを公開するというサイトも出てきました。
今もその名残で、古いリンクサイトが残っていたりしますよね。ヤフーはその親玉で、ヤフーのリンクページに掲載される事が莫大なアクセスを生む時代がありました。

検索エンジンの登場

そしてグーグルや、検索エンジンの進化によって、段々ネットの風潮が変わってきます。

今でこそ、ググってすぐに知りたい情報を手に入れられますが、それは、今の話です。

かつての?検索ロボットは、人間の思考に近い形でサイトを評価させることに四苦八苦してきました。
ひと昔前のコンピュータ(プログラム)では、色々な部分で偏りが出てきてしまい、記事の文章等の複雑なものは、きちんと内容を解釈することが出来ませんでした。

そして生まれたのが、コンピュータの弱みに付け込んだSEO対策です。
昔、所かまわず被リンクを行う(価値を上げたいページへリンクさせる)という名ばかりのSEOが流行ったことがありました。
確かに、その時は効果はありました。ですが、それも長続きはしません。

ネットの進化は、さらに加速します。

検索エンジンの進化とSEO

いつの間にか、無意味な被リンクはスパムとみなされ、価値を下げられるというペナルティさえ受けるようになりました。

似たような手法ですが、やたら無駄に検索ワードを突っ込んだ記事を公開するというのもあまり意味がなくなりました。
同じようなページをいくつ作っても、同じような内容のサイトをいくら作っても、中身のないサイトは、検索上位に上がることさえなくなってきました。

今の検索エンジンは、内容があり、アクティブで面白い(内容の濃い)ページを検索上位に持ってきています。
アクティブというのは、アクセスがあるサイトのことです。あらあら、振出しに戻りました。

昔のリンクページと同じ基準で選んでいるような気がします。人の好みか、AIが選ぶかの違いですよね。
検索したときに人が期待しているサイト、見たいと思えるようなコンテンツを持ったページを上位に表示させるというのが、検索エンジンの理想で、ずっとそれが出来るようにと進化してきたのだとも思います。

今時のSEO対策

今は、ワードプレスのようなCMSもあり、またきちんとSEO対策されたテーマも数多く存在します。
そのようなテーマは、ちゃんと作り込まれており、記事を書けば、ある程度の内容を検索エンジンがきちんと把握できるようになっています。
どちらにしても、SEO対策が出来ているワードプレスのテーマを利用するか、自分で制作する(制作してもらう)のどちらかでしょう。

あとは、出来るだけ記事をSEOのフォーマットに沿わせて書くかだけの問題で、上位でしのぎを削っているサイトでなければ、大差はないと思います。

問題は記事の内容で、その記事を人が見ようと思うかどうかです。
人が書く記事でも、自分が書いた記事でも、面白い、マニアック、分かりやすい、びっくりした、感動した・・・というような反応があることが一番大事なんだと思います。
そして、それがそのサイトの価値になってきます。

たとえサイト自体のボリュームが薄くても、ページの内容次第では、検索の上位に表示されることもあります。
このサイトも、テストや覚書等に利用してるだけのボリュームも薄いサイトですが、自分が探してなかなか見つからなかった情報なんかを記事にしてたりもするので、記事によっては上位に表示されています。
こんなサイトでも・・・人が来るんです。

多分、狙いのワードで検索上位を獲得した事がある人にとっては、ごく当たり前のことを行ったら、上位に表示されただけの話になると思います。
結局は、そのサイトの価値(コンテンツの内容)があるかどうか次第ということになります。
上位を維持できるかは、その先を深く掘り下げて自分なりに考えて対応できるかどうかになってきますが。。

長くなりましたが、SEOは、出来るだけ最初の段階で最低限のものをきちんとセット(設定)することや、記事の見出しの書き方等をある程度理解しておけば、あとは書きたい記事を書くだけで、基本的なSEO対策は完了です。

最後に、新しく作ったサイトがSEO対策を行ったとしても、すぐには結果として見えてはこないので気長に待ちましょう。
競合の数やコンテンツ次第とはなりますが、数か月も経過すれば徐々に結果として現れるかと思います。

いずれにしても、早い段階で基本的なSEO対策を行うということは大切です。

最後に、SEOの説明で、非常に良い動画をご紹介しますので、こちらを参考にするといいですよ。

 - 雑記